今や、3人に1人が癌で亡くなる時代となっています。
それらは過去と比べて急激に多くなり、高齢化や食生活の欧米化が原因とされています。
男女別にみると、男性では肺癌、女性では大腸癌で亡くなる人が多く占めています。
これは生活習慣に深く影響されたもので、その対策が呼びかけられています。
このような治療に対しては、主に大学病院や総合病院などの大きな病院で行われています。
今では癌専門の病院も設立され、専門の医師が治療にあたっています。
これらの治療でまず大切なことは、早期発見です。
この状態が軽い内であれば、治療もスムーズに行われ転移を防ぐことができるからです。
そのため、検診も積極的に行われるようになりました。
そこで働く医師や看護師以外にも、最新設備を扱うさまざまな技師が患者の状態を診ています。
また採血や採尿などで得た細胞を分析していく作業に、臨床検査技師も活躍しています。
そして発見が認められれば、状態によって専門的な治療が行われます。
その1つとして放射線治療では、医師の他に放射線技師も付き添います。
放射線という危険な分野では、こういった専門的な資格を持つ人が必要となります。
そして癌を取り除く手術では、外科の医師が執刀します。
それらの部位によってその専門が分かれるので、執刀医も変わってきます。
基本的に患者の診察を担当する医師が執刀します。
この外科的な手術が今の医学では、転移を防ぐための一番効果的な治療法となっています。
近年は、内視鏡による手術が普及してきました。
この手術の方が体に負担も少ないので、注目されているのです。
そのため内視鏡を勉強する医師が多くおり、その手術現場を見学するケースがよく行われています。
以上のことからこれだけの医療関係者が揃い、その予防や治療に貢献しています。
癌によって命を落とさないように、その医療も著しく発達しているのが現状となっています。